上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ホタルが飛び交う川面に飛び交って・・と思っていたら、そんな6月も、あたふたと過ぎて行き・・

合歓の花も見逃して・・

いつのまにか、蓮の頃になっていました。

蓮1

民家の隣にある小さな池ですが、水面が見えないほど群生しています。

蓮2

蓮3

いよいよ、夏です!

スポンサーサイト
2009.07.13 Mon l 移ろう季節 l COM(1) TB(0) l top ▲
藤の花をたずねました。

藤3

そこはかとなく香る花の香

藤5
風に揺れる花房は

藤4
ゆらゆら揺れる花簪

藤1

京都の舞妓さんは、髷を飾るかんざしを毎月変えて季節をあらわすそうです。

5月の花簪は、たしか、藤とあやめだったような・・・




2009.05.06 Wed l 移ろう季節 l COM(0) TB(0) l top ▲
桜
春は何色・・桜色

菜の花1
春は何色・・菜花色

たんぽぽ
春は何色・・たんぽぽの ほかほかやさしい夢の色

桜はあわただしく消えてゆき・・

菜の花の上をこいのぼりが気持ちよく泳ぎだし・・
菜の花2
初夏の風が吹くのも、もうすぐ・・


2009.04.20 Mon l 移ろう季節 l COM(1) TB(0) l top ▲
まだまだ、桜・・です。
坂本1

朝一番、日吉大社界隈へ・・
数日前、通りかかった日吉大社の参道の桜があんまりきれいだったで、今朝、仕事を始めないうちにいってきました。
坂本3
坂本2
人気の少ない参道に、行者さんのお姿を・・
坂本6
今日の回峰行を終えて宿坊に帰られるときでしょうか・・

2009.04.13 Mon l 移ろう季節 l COM(0) TB(0) l top ▲
棚田桜1
桜のころには、一度は訪れる一本桜。
幾重にも重なった田んぼのてっぺんにドーンとたたずむ一本桜。
棚田桜2

そばで農作業をしていたおじさんが、別の穴場をおしえてくれるとか・・
軽トラックの後を追いかけていくこと10分ほど?。
時折、開け放った車の窓から、鶯の声が聞こえます。
車が一台通るのがやっとの細い農道を奥へ奥へと行くと・・

棚田桜3

深い山間に現れたのは、桃源郷ならず、桜源郷・・!?

そこは、地区の有志のかたがたが、丹精をこめて桜の林を整備されている場所でした。

棚田桜4

若い木も多くありましたので、次の世代には、ほんとうにすばらしい桜源郷になっていることでしょう。

あの棚田の一本桜は、案内してくださったおじさんのお友達のお父様が植えられたとか・

昨日の真野川の桜も、30年ほど前に植樹されたように聞いています。

桜に歴史あり。人と共に生きているんですね。





2009.04.11 Sat l 移ろう季節 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。